samyukta vama morca

第四次総会で分裂した共産党マルクス主義派、マルクス・レーニン派、マーナンダル派、アマーティヤ派、バルマ派、第四次総会派およびネパール労働者・農民党(ローヒット派)は1990年1月、サハーナ・プラダン女史を議長として大同団結し「連合左翼戦線」を結成した。(出典:ネパール全史、佐伯和彦著)

連合左翼戦線は、複数政党民主主義の確立、基本的人権の回復、政治囚の解放等の方針を掲げ、会議派の民衆運動への共闘を宣言した。しかし運動開始前に、議長サハーナ・プラダン女史ら左翼指導者約300人が逮捕され、会議派のガネーシュマン・シンハ、バッタライ、G.P.コイララは自宅監禁となった。(出典:ネパール全史、佐伯和彦著)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-17 (水) 01:14:18 (38d)