siva-parivara

デーヴァ王族時代、シヴァ振興が盛んで今日までに発見された最古の造像は、グナカーマ・デーヴァ一世治世の987年に制作されたシヴァ眷属像であり、その25年後のルドラ・デーヴァ王とボージャ・デーヴァ王の連立統治時代の1012年にも制作されている。(出典:ネパール全史、佐伯和彦著)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 17:27:05 (2222d)