gopalacandradeva (人名)

中世前期、前期マッラ王朝時代、ハリチャンドラ(ナーヤカデーヴィーの夫)の弟。(出典:ネパール全史、佐伯和彦著)

兄ハリチャンドラが毒殺された後、ゴーパーラチャンドラはバクタプルに入場し、政情の混乱に乗じてパタンに進出したが、これを知ったデーヴァラデーヴィーの子ジャガットシンハは1337年にアバヤ・ラーマ、タイタの支援を受けてパタンに入り、ゴーパーラチャンドラを追放した。ゴーパーラチャンドラはトカの塞を占拠したが、塞が陥落して斬首された。(出典:ネパール全史、佐伯和彦著)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-30 (金) 16:46:03 (5129d)